シスメックス 現行のPCR検査キットに唾液を追加適用の承認を取得

臨床検査機器などを手掛けるシスメックス(本社:神戸市中央区)は6月3日、「2019-nCoV検出蛍光リアルタイムRT-PCRキット」について、検体種に唾液を追加適用する変更申請を行い、6月2日に承認を取得したと発表した。同日付の厚生労働省の通知により、唾液についても保険適用の対象になった。
これにより、従来実施されてきた鼻や喉の奥の粘液を採取する方法と比較して、安全かつ迅速・簡便に新型コロナウイルスのPCR検査を行えるようになる。

イー・エージェンシー ジャカルタでクラウドfで日系企業支援

イー・エージェンシー(本社:東京都千代田区)は6月2日、インドネシア・ジャカルタで同社のシンガポール現地日系グループ会社、EASG PTE.LTD.(以下、EASG)が、マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」で、新たにクラウドファンディングサービスを開始したと発表した。これにより、インドネシアをはじめASEAN各国でコロナショックに苦しむ事業者の資金調達とマーケティング活動をオンラインで支援する。

レオパレス21 1,000人規模の希望退職 施工不良問題で業績悪化

賃貸アパート大手のレオパレス21が、全従業員の約15%にあたる1,000人規模の希望退職を募ることが分かった。施工不良問題が相次いだことで入居率が低迷し、業績が悪化。2020年3月期連結業績は純損失が膨らみ、従来予想の304億円から803億円に拡大する見込み。前期の686億円の純損失に続き、大幅な赤字に陥ることになり、人員削減を含む抜本的な経営改革を進める。

コロナ感染予防ワクチン 21年前半の接種開始が目標 厚労省

厚生労働省は6月4日、新型コロナウイルスの感染を予防するワクチンについて、2021年前半から順次、国民に接種開始できるようにする目標を明らかにした。21年に延期された東京五輪・パラリンピックの開催前から、接種が可能になる体制づくりを目指す。
海外ではすでに10種類のワクチンの臨床試験が始まっており、国内企業も今夏以降に臨床試験を開始する計画が進んでいる。

日本精密 第三者割当増資で2億円調達 ベトナム工場に充当

時計バンド・メガネフレームなどの製造・販売を手掛ける日本精密(本社:埼玉県川口市)は6月2日、新株式発行による第三者割当増資により資金調達を実施すると発表した。発行新株式数は252万5,300株。調達資金額はおよそ2億円。割当予定先キュロー。これによる資金はベトナム工場の運転資金等に充てられる。